FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告  コメントなし  トラックバックなし  

英検一級の覚書

2013.04.09 Tue
私は英検一級の試験を六回受け、足掛け4年で最近(2012年度3回)やっと合格しました。一次試験は四回、二次試験は三回受けました。合格したといっても二次試験などは合格点ぎりぎりでした。情けがなくて、偉そうなことは言えません。同じ英検一級合格者でもピンからキリまであることを身をもって知りました。ところで、この4年間の自分の取り組みを総括して、(ソーカツ、懐かしい響きです)自分なりのknow-howを覚書として簡単に書き留めて置きたいと思います。今後再度この試験を受ける時の自分に対する防備録みたいなものです。つまり、私がこれから述べることは、あくまで私個人にとってのものであり、ある人には当てはまるかもしれないし、ある人には当てはまらないでしょう。
各センクションのknow-howに入る前に、試験準備について述べたいと思います。今強く思うことは、この試験に受かろうと思ったら、まず二次試験対策からやるべきだと思います。理由は簡単で、たとえどんなに立派な成績で一次を通っても、二次に合格しなければ英検一級合格とはならないからです。確かに一次試験に合格すれば一年間一次試験免除の特典が与えられ二次試験に集中できます。しかし、この二次試験対策は一次試験の作文対策にオーバーラップしているので、二次対策は同時に一次対策にもなります。そして、この作文は今のスタイルの一次試験の配点の中でかなりの部分(28点/113点)を占めるので、作文で高得点を狙う方が、語彙問題や長文読解にエネルギーを使うより効率的に得点に結びつきます。長文読解や語彙は地味な学習が必要なので、与えられた時間とやる気に応じて取り組むことになります。それと、比較的学習の成果が短期間で出やすというリスニングは、出来る人には効率よく得点できるセクションでしょうが、私は不得意です。理由ははっきりしています。問題の会話なりスピーチは何を言っているのかわかっていても、選択肢を選ぶ段になって、10秒間では選びきれない、というか選択肢の英文を読みきれないからです。あれがもし、各選択肢の英文をスクリプトなしてもいいので読み上げてもらえるのならもう少しやり易いと思います。 まとめると、まず二次対策、そして一次の作文対策を行う。長文読解と語彙は根気をもって取り組み、リスニングはセンスでしょうか。
次に各論に入ります。

語彙
ボキャブラリビルドアップは各自それぞれのやり方があると思います。この「英単語の覚え方辞典」は私が提案する「それぞれのやり方」の一つです。ここでの配点は一問一点です。本番でのポイントは「できる限り時間をかけない」です。素早く問題文を読んで、答えがわからなければ、消去法で答えをしぼる、それでも分からなければ直感(「勘」)で答える。以上。

穴埋め問題
ここでの配点も一問一点。なので、「時間をかけない」ことがポイントです。タイトルと最初の3~4センテンスでトピックスを知り、あとは〔かっこ〕の前後の論理的整合性から答えを見つける。

長文読解
準備としては、日頃から英文に触れ、速読・読解力強化に努力する。この場合の速読とは「早く読む」ことではあるが、そのために文章のコアの部分を読んで、抹消の情報は無視して読み飛ばすことである。言い換えれば「手を抜いて読む」ことである。
本番ではまず全ての質問文を読み、人名やその他のキーワードを下線などを引いて確認する。次に課題文の第一段落をしっかり読んで一番目の質問を考える。分からなければ次の段落を読んで質問を考える。もしその段落に次の質問のキーワードが出てきたら、前の質問の答えは、前の段落にあるということ。もう一度前の段落を読み返す。全て解答できるまでこれを繰り返す。
選択肢を選ぶ上で注意するのは、言ってる内容が間違いではないが、問題文の一部しか言っていないものはNGということ。多くの場合、問題の言い方を少し一般化した形で言い換えている選択肢が正解の場合が多い。

リスニング
総論で書いたが、私はリスニングは苦手です。選択肢を読むだけで10秒以上かかるから。対策としては余った時間(最初の英検についての説明の時間や筆記試験の余った時間)に質問文を読んでおくぐらいしか対策が見つかりません。目を閉じてリスニングに集中する。あとは運にまかせる。その中にあってパート3は、質問とシチュエーションが書いてあるので、何を聴くべきか意識して問題を聴くことが出来ます。なおかつ配点が一問二点です。ここでがんばらなくて他にどこでがんばるのでしょうという感じです。あと最後のパート4は日本で働いている外国人のインタービューで、何を質問してくるか何となく予想がつく場合があるので(例えば「苦労したことは何か」「今後の課題は何か」とか)、そういう時は、その時点で選択肢を読んで解答します。

作文
これは、お決まりのイントロ、ボディー、結論のパターンに与えられたキーワードをぶち込んで、作文します。本来、自分の意見を展開できればよいのですが、ここでは余りそれにこだわらず、明確な論理展開しやすさを重視します。私はネット上で以下のようなフォーマットを見つけ、使いました。
 イントロ
I believe that (結論) for the following three reasons.
 ボディ 
The first reason is that (理由1)
The second reason is that (理由2)
The third reason is that (理由3)
 結論
As I mentioned above, for the aforesaid reasons, I think that (結論)
(結論)部分は質問文をそのまま使ってよい。後はボディの理由1,2,3を与えられたキーワードを使って書くというより、穴埋め問題を解く感じで埋めていく。そして書き終わったら読み直してスペルの間違いや不安な言い回しをなるべく自信のあるものに変える。

二次試験(面接)
この試験にはポイントが二つあります。一つは出題される5つのトピックスのどれを選ぶか、二番目はスピーチのbodyをどう組み立てるかです。
トピックスの選び方は、出題されたトピックスの内でキーワードに今の自分が「より多く具体的なイメージ」を持っているかで選択するに尽きると思います。面白そうな、興味のあるトピックスではなく、キーワードについて具体的なイメージを思いつくトピックスをたとえ面白くないテーマでも選びます。例を挙げます。National securityとprivacyというキーワードを含むトピックスがありました。私はそれをスピーチのテーマとして選びました。しかし、national security(国家安全保障)といっても具体的にどのような国家安全保障の例があるか全く浮かばず、ただ漠然と国家安全保障のためには個人のプライバシーは制限されるとスピーチしましたが、具体的な例がなく説得力を欠くものになってしまいました。smoking in public places(公共の場における喫煙)をキーワードのトピックスもありました。こちらの方はタバコを吸わない私としては、いろいろな所でタバコの煙に困らせられた経験があり、具体的なイメージがいくつも浮かびます。私はこちらを選択すべきだったのでしょうが、ついレベルの高い(?)大人の話題である国家安全保障を選んでしまいました。ここで私がいうのは卑近なトピックスを選べと言っているのではありません。あくまで具体的イメージが浮かぶトピックスを選ぶべきだということです。国家安全保障で言えば、隣国軍隊の侵略やテロリズム、自然災害等の具体例がすぐに出てくるのであれば、その人はこのトピックスを選ぶべきでしょう。このトピックス選び方で二次試験の半分は決まるといってもよいと思います。
次にスピーチのbodyですが、二つの理由を具体例を入れて作ります。二次試験対策の参考書などでは、スピーチはまず自分の意見を言い、次にそれをサポートする理由と例を言う、そして最後に最初に言った自分の意見を繰り返し結論とする、とあります。ここで一番苦労するのは、bodyの部分です。問題のトピックスを選んだら、自分の意見は迷わず即決します。極端なことを言えば、自分の思想信条に仮に反するものであっても、結論は論理を立てやすい方に即決します。そして与えられた一分の内の残りの時間で、即決した結論を支える理由をオーバーラップしない全く別の視点から二つ見つけることです。ここが一番難しい。何故なら理由を2つ何とかひねり出しても、何か同じような理由だったりすからです。
ここでのキワードが「内と外」です。例えば、「日本の社会では女性は男性に比べて平等ではない」ということを説明するとします。まず一般的な誰でも思いつく理由として、経済的社会的に日本の圧倒的多数の女性は出産後、正規社員ではなく契約社員やパートタイマーとなり賃金も男性の半分以下になってしまうという事実があります。1つ目の理由を見つけるのは比較的容易です。問題は2つ目の理由をどう思いつくかです。例えば、ここで、同じ正社員でも、男性に比べ責任のある仕事は任せられない場合が多いという理由をもって来たとします。しかし、この二つは会社での仕事の話であり、同じカテゴリの理由と言えなくもありません。ここでキーワードの「内と外」を手がかりに2つ目の理由を探します。例えば家庭内での家事の役割がこれまた圧倒的に女性の肩にのしかかっているのが事実です。会社での仕事のことは「外」と考えれば、家庭での仕事は「内」ということになります。この2つの理由ならそれぞれ別次元で、聞いている方もすっきりと入ってくるのではないでしょうか。二次試験のキーワードは「具体的イメージ」と「内と外」です。

最後に一言!
以上はあくまで英検一級という日本の英語能力検定試験で合格するためのテクニックの話です。昔の剣術で云えば道場で先生に教えてもうらう技みたいなものです。でも現実では道場で強くなった有名流派の剣士が、無名の忍者にあっさり負けた歴史があります。白土三平の『カムイ伝』に嫌というほどこれが出てきます。現実はなんでもありです。英語も含めて言語の学習はエンドレスです。そのことを肝に銘じて、英検一級合格をアルコールフリーのビールで乾杯しましょうか、今夜は。
スポンサーサイト


コーヒーブレイク  コメント0  トラックバック0  
≪ captive | ホーム | quota ≫

コメント

name
title
mail
url

[     ]

トラックバック

トラックバックURL
http://bebacle.blog84.fc2.com/tb.php/715-998b1b31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。